情報の取得と相場

部屋

フローリングは、その上を歩くことで徐々にすり減っていきます。
また、窓から入ってくる日光を浴び続けることで酸化して色あせていきますし、雨風の影響を受けて腐ったりすることもあります。
食べ物や飲み物などをこぼしても、そこから変色したりカビが生えたりします。
あまりにも状態が悪くなれば、張替えというリフォーム工事が必要になります。
そのため良い状態を維持させるために、すり減らさないように上を静かに歩いたり、カーテンや窓を開けないようにしたり、こぼさないように慎重に食事をする人もいるくらいです。
ところがフロアコーティングという小規模なリフォーム工事をほどこすことで、フローリングは長持ちするようになります。
慎重になりすぎる必要がなくなるので、心のゆとりを持って生活することができるようになります。
大掛かりなリフォーム工事もせずに済むので、それが金銭的なゆとりにもつながります。

フロアコーティングは、塗るコーティング剤によって効果が異なっています。
たとえばウレタン系のコーティング剤だと、厚みがあって磨耗に強いフローリングになります。
美しい光沢があるので、部屋を美しく見せるインテリアとしての効果もあります。
シリコン系のコーティング剤には、強い撥水性があるため、塗れば雨や飲み物によって濡れてもフローリングはダメージを受けなくなります。
ガラス系のコーティング剤の場合、水も弾きますし、紫外線の影響も受けにくくなります。
しかも一度塗っておけば、20年ほど塗り替えの必要はありません。
このように、フロアコーティングによって得られる効果は、使用するコーティング剤によって違ってくるのです。
いずれのコーティング剤でも、塗ればフローリングの寿命は確実に長くなります。