業者の特徴を知る

リビング

日本は本格的な高齢化社会の入り口まで来ています。
この先は人口の少子高齢化が急速に進むため、高齢者の人口に占める割合がしばらくは高まり続けることになります。
それに伴ってリフォーム工事においても、バリアフリー化工事が積極的に住宅だけでなく、公共施設や民間の施設建設においても行われています。
特に住宅のバリアフリー化は急速に進んでおり、その中で最近注目を集めているのがケアリフォーム工事です。
バリアフリーのように要介護者や高齢者が暮らしやすい住宅を目指す上では共通していますが、ケアリフォームは更に介護者や一緒に済む家族も快適に暮らせるようなインテリアやエクステリア、機能性の実現に重視を置いているリフォームで、近年導入する住宅が増えておりトレンドとなっています。

ケアリフォームは要介護者や高齢者だけでなく、一緒に住む介護者や家族も快適で機能的に暮らせる住宅を目指したリフォームです。
そのためリフォームにおいてもバリアフリーとは少し方向性が違う面があります。
例えばバスルームは誰もが安全で、快適に使えるように設備全般にわたってユニバーサルデザインが取り入れられています。
浴槽の位置を低くして入浴動作を楽にしたり、システムバスの採用によって熱湯による火傷を防いで、いつでも快適な温度のお湯を使用できたりといった具合です。
トイレも昇降機能を取り付けたタイプの便座を取り入れたり、手すりを導入したりと介護者も要介護者や高齢者も快適に利用できるように工夫されたリフォーム工事がケアリフォームとなります。